上総広常の講演会でした

11月12日(日)晴れ

いすみ市教育委員会主催の講演会がありました。

「上総広常とその時代―中世の東上総をさぐる―」というテーマ。

・広常を生んだ中世の東上総 野口実(京都女子大学名誉教授)

・上総介広常の二次資料をどう読むか 岩橋直樹(埼玉県立歴史と民俗の博物館学芸員)

・和田合戦と上総ゆかりの武士たち 山本みなみ(鎌倉歴史文化交流館学芸員)

地方に住んでいると講演会を聞く機会は少ないです。

まして今話題の上総介広常となると、心躍ります。

開場12時30分。

12時45分ころ着いたら駐車場は大混雑。

会場はコロナで一人置き座りだが、7割満杯。

1時開始で5時30分まで。

予定は5時終了だったが、講演者は準備してきた資料を紹介しようと時間オーバー。

途中の休憩時間も一部省略。

さすが専門家です、原稿なしで年代も人名もスラスラ飛び出てきます。

爺さんには少し難しかったけど、最後まで聞き入りました。

5時になると、人数は半数に。

残ったのは爺さんばかり、時々ばあさん・若者もチラホラ。

この歳になると、爺さん達はなぜ歴史に興味を持つのだろう、
禿げ頭と白髪の、何とも不思議な光景でした。

EPSON089