18%長生きする?

11月22日(火)晴れ

昨夜は雨。

水分を含み冷えた空気が体にまとわりつき寒い。

日の出前の海岸はモヤが立ち込めて真っ白。

「今朝は肌寒いですねー」

「でも、これから晴れて20度近くなるらしいですよ」

「晴れると気持ちいいですねー。昨日は雨で一日中引きこもり生活でしたよ・・・気がめいってしまいますよ」

「天気予報じゃあ、小春日和も今日が今季最後らしいですよ」

「そうですか、じゃあ今日はたくさん陽を浴びますよ」

昨日の雨を嘆き、今日の小春日和を期待する爺さん達でした。

 

町の任意団体が1年に一回発行している冊子『〇倫』が完成。

封筒に宛名を貼る作業1時間。

その後、原稿依頼者にお礼の挨拶に。

(小春日和のいい天気なのに、大事な時間を潰して、一銭にもならない作業をなぜ?今年一年この冊子発行のために何時間潰しただろう・・・まったく・・・)

愚痴の一つもこぼし、不機嫌になる瞬間です。

でも一方で、「上機嫌にしていよう。上機嫌に振る舞っているだけで周囲に明るい気持ちを与えられる。人の為にと実行する人は実行しない人より18%長生きするんだって。ボランティアは他人の為ならずだよ・・・」Kさんの言葉が浮かんできます。