一歩二歩散歩

おっさんの戯言を記録しています。

2019年10月

休日の朝なのに?

10月27日(日)晴れ

新聞の一面は大雨被害情報です。

昨日の夕刊はM市市街の冠水の写真が第1面に。

今朝の社会面にはC町での悲惨な事故の様子。

日頃、目にしている風景、近隣地域だけに切迫感が強い。

「・・・夫が車で迎えに来ると言っていたのに」という奥さんの言葉には胸が詰まりました。

楽しいはずの休日朝のはずなのに、気の重い朝です。
青空の多かった空も、雲が広がって、薄日が時々射すだけです。(午前8時18分)

IMG_0627

夕方、海岸に散歩。

台風による漂着物がいっぱい。

これでも先週の日曜日海岸清掃をしたのに、まだまだ残っています。

サーファーがいっぱい。

明日は誰にも分からない。

精一杯今を楽しむ(今を生きる)光景を見た感じ。

夕陽がもうすぐ沈む。

美しいけど寂しい一日の終わりです。
IMG_0632

IMG_0629

IMG_0638




台風の当たり年

10月26日(土)晴れ

天気予報では「雨に注意」といっているけど、

日本列島から東にそれたので大した影響はないだろう、とタカをくくっていた。

ところが昼近くから夕方にかけて大雨。

時間の経過共に、大雨警報、洪水警報、土砂災害警戒警報。

午後5時30分、中学校に避難所開設。

テレビでは次々に被害報道。

近隣のM市、I市、K市、O町などがテレビに映し出される。

いつも目にしている場所だ。

川があふれ、冠水している。

JRもストップ、道路も冠水し、ストップする所が出たらしい。

午後6時ころ雨雲が通り過ぎる。

 

今朝のテレビ各局は昨日の被害状況を報道。

ホントに「今年は台風の当たり年」。

「15号、19号、21号、もうホントにたくさんですよ。クタクタです・・・」

被害者のインタビューが痛々しい。

そして、昨日の大雨が嘘のように空は晴れ静かな朝だ。

朝の体操に行く人たちが「すごかったですね。大丈夫でしたか?」と声をかけてくださる。
IMG_0625

 

青空に柿の実が映える季節になりました

10月23日(水)晴れ

久し振りの晴れです。

台風15号、19号、20号の影響で晴れが少なかった。

朝から雲一つない快晴。

やっぱ、青い空とお日様は気持ちいい。

我が家の柿は台風で全て落ちましたが、今を盛りと実った柿を発見。

「青空に柿の実が映える季節になりました」という気候の挨拶が好きです。

O町に行ってきました。

車窓から眺める景色は、ピッタリの風景です。

こんな柿の実の光景があちこちに。

こんないい天気なのに、明日からまた天気が崩れるとか。
IMG_0624


ネットが繋がっていました

10月22日(火)雨

ネットがやっとつながりました。

なぜ繋がらなくなったのか、なぜ繋がったのか原因はわかりません。

Nさんが来たら解決してもらおう、それまでお預けとあきらめていました。

ところが今朝、久々にネットに接続したらなおっていました。

 

台風19号が甚大な被害をもたらせて過ぎ去ったと思ったら、今度は20号。

昨夜は雨、そして今朝は強風。

樹木や草が大きく揺れています。

午前8時30分頃、青空が見えたかと思ったらまた厚い雲に覆われています。

今日は「天皇即位の礼」なのに。

国外から大勢の来賓が見えているというのに。

台風15号、台風19号、台風20号・・・・令和の時代が心配。

ま、オッサンが心配してもどうにもなりませんが・・・。

被害甚大、歴史に残る台風です。

記憶にとどめるためる為、先日、新聞を写真に撮っておきました。

IMG_0618






台風一過

10月13日(日)晴れ

昨日12日午後1時15分電話あり。

「台風19号災害対策」のため、急きょ職場へ。

今日(13日)の朝まで職場に。

雨・風、時間とともに強くなる。

近頃に無い大きな台風だというので不安。

午後6時22分・・・突然、ドーンという音と共に建物がグラリと揺れる。

強風ではなくて、地震だ。

(こんな緊急時に地震かよー。津波でも来たらどうすうのだ?)

かつて見た映画「日本沈没」が浮かんで来た。

震源地は千葉県南東沖、震度4。

当地は震度3。

「津波の心配はありません」、にホッとする。

 

午後8時過ぎからは一段と強風に。

台風上陸間近。

窓から外を眺めると杉の巨木が大きく揺れる。

午後9時過ぎますます強まり、風の音が不気味。

幸い停電なし。

 

時間はタップリある。

パソコンとにらめっこ。

台風情報、本の情報、旅情報・・・日頃気になっている項目を検索。

外は相変わらず猛烈な風。

パソコンには近隣自治体の停電情報。

当地も300軒ほど停電だという。

椅子を並べ、支給された毛布をかけて仮眠。

どんな所でもどんな時でも眠ることができるのが特技。

外の烈風の音が気になったが、いつの間にか熟睡。

 

午前4時50分、目覚める。

大きく揺らいでいた杉の巨木は何事も無かったように暗闇に立っている。

そして、太平洋が位置する南の空はキラメク星空。

台風、突然の地震、満天の星空、そして青空・・・。

これが自然なんですねえー。

優しい顔を見せているかと思えば怒り狂う。

実りをもたらせてくれると思えば、危害も加える。

プラスとマイナス、陰と陽、苦と楽・・・この世は全て裏と表が存在するのかな?

午前8時30分、災害対策解除。
台風の被害が凄まじい凄まじい。

↑このページのトップヘ