ワカメは今が旬

4月15日(月)晴れ

海岸に打ち寄せられたワカメをAさんが拾ってきた。

今がワカメの旬だと言う。

へえー、ワカメに旬が?

海里に住みながら、ワカメと他の海藻の区別もつかないし、今が旬であることも知りませんでした。

専ら市販のワカメの料理されたのを食べるだけの爺さんです。

ワカメの収穫時期と、育てるための禁漁期間があることも初めて知りました。

「ワカメを採って怒られたことあるよ。ワカメって魚と同じように漁業権というのが必要なんだって」

都会から移住してきたIさんが注意された時を思い出して、興奮気味に語ります。

「自然の恵み、採っていいだろうにと思っていたら違反なんですね。・・・でもね、海岸で拾うワカメは許されるんだって」

東京から移住者のOさんが続けます。

「拾ったワカメはかたくてねー、料理するのが大変よ。でも美味しいよ。波打ち際で拾って乾かして、もう何日分もあるよ」

どおりでOさん、朝の散歩は波打ち際が多いと思っていたら、ワカメ拾いだったんですねー。

「拾ったばかりで新鮮で美味しでしょう・・・」

「いや、新鮮とばかりは言えませんよ。何日も流されてきたものなので、時には虫がついていたりするんですよ」
なるほど、岸に打ち上げられるには時間がかかるんだ。

ワカメに旬があること、収穫時期がること、拾う以外は漁業権があること・・・初めて知りました。

里海に住んでいながら、いかに海を知らないか痛感。

Aさんが拾ってきたワカメは、東京から移住されて来た2名がもらって帰りました。

体操広場での朝の会話はおもしろい。