じいさん晴耕雨読

じいさんの戯言を記録しています。

タグ:小学校

これから先、こんな嬉しいこと何度あるだろうか?
4月14日(水)曇り
昨夜、電話がありました。
「明日の新聞に掲載されますので、ご覧下さい・・・」と。
いざ掲載されると、恥ずかしいような嬉しいような。
今朝6時、新聞受けへ。
写真も何枚も撮ってくださったので、どの場面が掲載されたのだろう・・・。
ワクワクドキドキしながら紙面を広げました。
午前8時、最初の注文電話が入りました。
以後、知人から冷やかしともお祝いともつかない電話。
「頭のてっぺん写らなくて良かったね・・・」
忙しいでしょうに、電話をくださるとは、本当に嬉しい。
何歳になっても嬉しいものです。
以前の冊子「頼朝伝説」を購入してくださった方からもいただきました。
本当に心にかけていただきありがとうございました。
写真、氏名、電話・・・。
ブログに掲載するのは?
チュウチョしました。
「掲載されてまずいことあるの?」自問自答しました。
考えたら、別にありません。(笑い)
 
♪春がまた来るたび ひとつ年を重ね
 目に映る景色も少しずつ変わるよ
 陽気にはしゃいでた幼い日は遠く
 気がつけば五十路を 越えた私がいる
 信じられない速さで 時が過ぎ去ると 知ってしまったら
 どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ・・・
 
「どんな小さなことも・・・」。
いや、定年おっさんにとってはとても大きなことですが。
これから先、こんな嬉しいこと何度あるだろうか?
そんなわけでブログに掲載しました。
記者の稲田さん、お電話くださったみなさん感謝申し上げます。
イメージ 1
                        朝日新聞千葉版 平成28年4月14日朝刊

小学校の卒業式でした
318日(金)晴れ
小学校の卒業式でした。
天気は昨日につづいて快晴。
卒業式日和です。
中学生の制服に身をつつんだ卒業生。
厳粛な卒業式でした。
一番涙を流し感激にふるえていたのは、保護者でした。
「保護者代表のことば」は最初の一言から、涙でした。
入学から卒業までの6年間が思い出されたのでしょう。
「今、思い出されるのは、不思議と楽しいことばかりです・・・運動会・・・」
苦しかったこと辛かったこと・・・たくさんあったでしょうが、楽しいことが思い浮かぶと述べていました。
卒業式には、苦しかったこと辛かったことをやわらげる効果があることに気づきました。
「過ぎてしまえば、みな美しい」ですかねー。
保育園入学、保育園卒園、小学校入学、小学校卒業、中学校入学・・・一区切り、一区切りしながら人生進んで行くのですねえー。

その区切りで「思い出されるのは、不思議と楽しいことばかりです・・・」と言える人生は幸せかも・・・。

イメージ 1

今年度最後の「放課後子ども教室」でした
 3月4日(金)晴れ

今日も快晴、昨日よりも更に暖かくなりました。
当地の最高気温16度。
公民館事業「放課後子ども教室」、今年度の私の担当は今日が最終日でした。
3年生は3学期から学校の部活動加入で、1・2年生のみ12名。
学校ではインフルエンザが流行しているようです。
学級閉鎖されたクラスもあるようです。
子ども教室は、いつものように民話です。

びんぼうくらべ
むかしむかし、びんぼうなおじいさんとおばあさんが、住(す)んでいました。
明日(あした)は正月ですが、びんぼうなので、正月かざりもモチも、なにも用意(ようい)できません。
「じいさんや、正月はどうしましょうか」
「どうするって、正月かざりも、モチも買えないな」
「こうして、いろりの火にあたって、お茶(ちや)を飲むしかないねえ」
「正月かざりも、モチもないが、元気(げんき)で正月をむかえられることが、幸(しあわ)せよ」
「そうですねえ」
二人が話していると、となりの部屋(へや)にドロボウがしのびこんできました。
しかし、ひどいびんぼうなので、家のどこをさがしても、金になるようなものは、なに一つありません。
「ちぇ、なにもない、びんぼうな家だ」
ドロボウが、あきらめて帰(かえ)ろうとすると、おじいさんが言いました。
「ばあさんや、だれか来たようだが、ドロボウかね?」
すると、おばあさんが言いました。
「なあに、わが家(や)に取(と)られる物なんて、なにもありゃしませんよ」
「こんな家にしのびこむなんて、よっぽどまぬけなドロボウですね」
「そうだねえー、本当(ほんとう)にアホなドロボウだこと」
「あはははは・・・」
それを聞いたドロボウは、おじいさんとおばあさんのいる部屋に入って、大声で怒鳴(どな)りました。
「やいやい! さっきからまぬけだのアホだのと、人をバカにしやがって! 取る物もないような家に住んでいる、お前たちこそ、はじを知れ!」
すると、おばあさんが言いました。
「それは、悪かったねえ。でも、その何もない家にしのびこむなんて、お前さんは、わたしらよりも、もっとびんぼうで、バカなんですね」
あっ・・・・確かにその通りだと、ドロボウは思いました。
はずかしくなったドロボウは、あわてて逃(に)げていきましたとさ。        おしまい
 
テーマは「五十歩百歩」「目くそ鼻くそを笑う」「猿の尻笑い」ですかねえー。

イメージ 1

イメージ 2

気合いを入れ、少しがんばらなくちゃー
11月29日(日)晴れ

今朝もラジオ体操さぼってしまいました。
寒くなって、寝床から離れられないというのが原因です。
それともう一つ。
今朝は4時頃目が覚めました。
テレビをつけて見ていたら、寝ていました。
目が覚めたのが6時20分。
ラジオ体操が始まる時刻です。
急いで着替えて外に出ればいいのですが、今日は出かけるのでラジオ体操を休み、と決めている自分がいるのです。
「人間の心には強い心と弱い心が同居します。弱い心に打ち勝つには・・・」なんて、ついこのあいだまで説教していたのに・・・。
「サボるのがクセになるのが恐いよ」、つい先日言われたばかりなのに。
「ま、いいか。誰にめいわくかけるでもなし・・・」と、弱い心まる出しの定年おっさんです。

今日Yさんに会いました。
「見たよ見たよ、新聞見ましたよ・・・。がんばっているねえー・・・」
「恥ずかしいですねえー」
「恥ずかしいだなんて・・・スゴイことだよ・・・どんどん書きなよ」
「ありがとうございます」
嬉しい瞬間でした。
Yさんありがとうございました。
嬉しいこともありました。
少し気合いを入れなくちゃー。ばてない程度に少しです。
イメージ 1

2学期最初の放課後教室でした
9月25日(金)雨
朝からの雨、久しぶりです。
車を走らせていたら、「あれ、暖かい?」
そう、昨日まで冷房だったのですが、今日は暖房になっていました。
冷房設定温度25度、外気温20度。
これが、暖かい風の原因でした。

二学期最初の放課後教室です。
一生懸命取り組んでくれるか、少し不安です。
何と、靴がきちんと揃えてありました。
うれしい、習慣になってきたかな?
それとも、公民館職員に言われたのかな・・・。
でも、どちらにしろ嬉しいことです。
「さあ、始めます。席について」
・・・なかなか席につけません。
畳の部屋なので、ゴロゴロ寝ころんでいます。
「始めます。席に着きましょう・・・」
語調をやわらげ、正座して待ちます。
正座して待っている私に気づき、1人2人・・・・10人と座ります。
でも、まだ2人ゴロゴロして席につけません。
・・・怒鳴ろうか。
待て待て、大声を出すなんて、大人げない。
じっと待ちます。
気づいているようですあが、席に着けません。
「こら、みんな待っているんだぞ。いつまで騒いでいる」
怒鳴ってしまいました。
ゴロゴロしていた子どもも席へ。
「はい、正座して、姿勢を正して、口を閉じて、手はひざの上に」
・・・・いつものセレモニーです。
「一学期に約束したこと忘れましたか・・・」
しばらく説教です。
正座して実に良く聞いています。
・・・怒らせて悪いと思ったのか、終了時間の5時まで実に真剣に取り組んでくれました。
下手な絵の紙芝居も一生懸命聞いてくれました。
そして、塗り絵も。
「先生どう?次のページ進んでいい・・・」
「・・・おお、海の色を工夫しているねえ。・・・ていねいに塗っているのが実にいいい」
ほめ言葉もいっぱい出てきます。
イメージ 1

↑このページのトップヘ